メインイメージ

組織の合併時期

合同会社設立と事業拡大に応じた組織の合併


現在は、合同会社設立の件数は増えており、この合同会社という形態が小規模のビジネスには最適な選択肢の一つとなっています。

先ず、この合同会社という形態で起業し、企業の規模の拡大に応じて株式会社への組織変更を行う事が多くあります。また、事業規模の拡大に応じた組織変更だけでなく、株式会社との合併も可能で、組織を分割することも可能となっています。

この合同会社設立は、出資者が有限責任を負うことになり、株式会社のようなシステムとは異なり、株主総会などが必要ありません。そのため、合同会社設立では株式会社のような規定がなく、社員の同意があれば、定款の変更や意思決定が容易にできるものとなっているのです。

そのため、小規模なビジネスでは有効な運営ができるようになり、後々は会社の合併も可能になりますので、起業に関して多様性のある形態となっているのです。

この合同会社設立のメリットとしては、会社の定款が自由に決められるというポイントがあり、株式会社では株主総会を開いて決定を行う必要がありますが、合同会社ではこのような手続きを省略して、事業の業務執行が行えるようになっているのです。

さらに、予め定款で決めていることで、利益の配分を独自の基準で行うこともでき、法人も出資者になることができます。そして、法人が業務を執行する権利を持つこともでき、合同会社の業務を行う事が出来るようになるのです。

そして、この合同会社設立の利点としてはコスト面があり、定款の認証や出資金の証明などが不要になるので、設立時のコストが大幅に削減できる事になります。そのため、合同会社設立はコスト面でも有利なのです。

また、株式会社の設立では取締役の登記が必要ですが、合同会社設立では業務の執行社員は必要ありませんので、この登記に必要となるコストもかかりません。

更に、合同会社の場合は資金調達も容易になり、新たな法律の施行により合同会社も社債を発行できるようになったので、資金調達が容易に出来ます。また、金融機関からも社債発行ができることで円滑に融資を受ける事ができ、資金調達の選択肢も増える事になります。

合同会社は小規模なビジネスを発展させていく上で大変有効な手段となります。これは設立が簡単で、様々な手続きやコスト面でも非常に優れている為です。そして、事業の拡大に応じ組織の変更をしていくことで、株式会社と合併することも可能で、組織を編成を変えることも可能になります。

Copyright© 2014堺の包丁が選ばれているホントのワケ知っていますか? All Rights Reserved.