メインイメージ

必要な印鑑について

合同会社設立に必要な印鑑について


合同会社設立をするときに必要なものとして印鑑があります。いくつかの種類が必要となるのですが、設立そのものに必要なものは法人の実印です。法人の実印と呼ばれたり、代表印と呼ばれたり、いろいろな呼ばれ方がするのですが、同じものです。 合同会社というのは一つの組織で、意思決定などは組織の中で行われます。実際には経営に参画する人が決定をするのですが、形としては定款に定められたルールに基づいて社員が意思決定をすることになります。ですから、実際に働いているのは人なのですが、意思決定は会社として行われます。 契約を結ぶときにも、個人で契約を結ぶのではなくて会社として契約を結ぶのですが、そうは言っても誰かが署名して捺印することは必要となります。対外的にこのような契約を行うことを「代表」と呼びます。 合同会社の場合には社員のうちの一人が代表者を務めることになりますから、合同会社設立をしたときには社員の中から代表社員を決める事が必要です。 株式会社の場合には、経営を行うのは取締役ですから、その中から代表者を選びます。これが代表取締役です。合同会社設立をすれば、出資者が経営を行います。これを「社員」と呼びます。その中で代表権を持つ人が代表社員と呼ばれるのです。 ですから、代表者が印鑑を押すときには、会社全体として捺印することになります。そのため、代表者印、代表印などと呼ばれる印鑑と、法人印、法人の実印などと呼ばれる印鑑とは同じ意味になります。これがあれば、法的に合同会社設立を行うことはできます。 作成をするときには規格に沿ったものでなければなりません。判子屋さんに行って、法人の実印、あるいは代表印が必要だと言えば、その規格に沿ったものを作ってくれるでしょう。 合同会社設立をするときには、代表印を作成するだけで良いのですが、実際に業務を行うためには角印や銀行印は必要となるでしょう。 合同会社設立をするときには、これらをまとめて作っておくのが良いです。銀行口座を利用しないことはないでしょうから、銀行印は必要となります。3点セットと言われることが多いのですが、法人の実印、銀行印、角印の3つが基本となります。 この3つをセットで購入しておくのが良いです。パソコンとプリンターがあれば、細かいいろいろなものにはんこを押すという機会があまりありませんので、とりあえずこの3点があれば、合同会社設立をした後の経営は続けていくことができるでしょう。

Copyright© 2014堺の包丁が選ばれているホントのワケ知っていますか? All Rights Reserved.